• 中文
  • Register
  • View the author
  • 東の空から始まる世界——by 奈兔Nau

    「私が戻ってきたのはね。 もう一度、星の音を聞くためだよ——」
    「小説を書いているのは、いつかあなたに会える日が来るのを待っています。――」
    「お帰りなさい。」

  • 0
  • 0
  • 0
  • 557
  • 古河羽未立华奏孤心忘忧混沌老师

    Please log in and comment later

    Login

    谷歌广告

  • Do the task to open the chest
  • There is no real-time dynamic
  • 卡密兑换